全切開法と注意点|美容整形で美しく変身|コンプレックスを解消して自信をつける

美容整形で美しく変身|コンプレックスを解消して自信をつける

全切開法と注意点

カウンセリング

美容整形にはいろいろなものがあります。目元のたるみを切除する脱脂術もありますし、豊胸手術も美容整形の1つです。若い女性に人気のある二重まぶたにする手術も美容整形です。ここでは、二重の美容整形について書いていきます。最も確実に二重にするのであれば全切開法が最も有効です。埋没法などのプチ整形も人気がありますが、確実性は全切開の方が高いです。しかも、効果が半永久的に続きます。埋没方だと糸をまぶたに入れることで二重ラインができますが、全切開にはそのような糸は必要ありませんので、たとえば糸が抜けてしまって二重ではなくなるということはありえません。また、脂肪を多く取ることができるという特徴があります。まぶたが厚くて悩んでいる人は目元がすっきりするという嬉しい効果もあります。施術時間はせいぜい30分から1時間程度で終わります。ダウンタイムもほとんどありません。もちろん、施術を受けたあとは麻酔によって少し腫れることがありますが、麻酔が切れると腫れも引いていきますので安心してください。

もし片目だけが一重でもう片方は二重の場合は、左右のバランスが悪いということで片方だけを二重にする人が多いです。片目だけの二重整形は可能なのかというと、可能です。方法としては埋没法、部分的切開法、全切開法の3種類であり、両目を二重にする施術と変わりありません。ただし、片目の場合は注意点があるのです。片目だけを二重にするときは左右のバランスが非常に重要です。仕上がり具合が理想とするものと異ならないように医師と事前にどのようにするのかをしっかりと確認しましょう。また、奥二重の人の場合も注意が必要です。奥二重とは二重部分に皮膚がおおいかぶさっているので一重に見えるのです。適切な美容整形を受ければきれいな二重になる人が多いです。それでは適切な整形とは何かというと、まずまぶたの脂肪が少ない場合は埋没法を受けることです。脂肪が少ないと切開法を行っても効果が薄いです。それとは反対に、脂肪がまぶたに多い場合は切開法を受けましょう。このように、まぶたの状態によって施術方法を変えることが大切です。